北九州は麺のダイバーシティである~南京ラーメン黒門編~

北九州は古き昔より人や文化が交流する場所です。大陸と日本、東西、南北の文化が入り混じるところ。それが北九州です。僕らの麺文化についても例外ではありません。例えばうどんに関していえば、博多方面の「やわ麺」と、四国方面のかた麺の文化が混じるところであります。讃岐の麺を標榜しながら平べったい麺を提供する資さんうどんや、細いのにコシが強い豊前裏打会系うどんたちなど、まさに多様な文化が花開いています。もちろんラーメンも。

手に持っているのは持ち帰りラーメンです。

今日ご紹介するのは、若松区青葉台にあります「南京ラーメン黒門」さんです。昔は遠賀町にありまして、その頃から通っています。

濃厚豚骨派が根強い九州において、あっさり滋味深系豚骨として多くのファンに愛される名店です。私も40を過ぎてから濃厚豚骨が体にダメージを与えるようになりまして、こちらのお店にお世話になることが多いです。個人的には日本でもベストのラーメンだと思います。(異論は認めます)

私は大盛ラーメンにおにぎり1つと、海苔をいただくことが多いです。見てください。このビジュアルを。綺麗ですよね。かなりあっさりスープです。私にこのお店を教えてくれたとあるブロガーさんがこのスープを「プラチナ」だと表現していたのが印象に残っています。これがプラチナスープです。

この記事を見てお店に行っていただける方もいらっしゃるでしょう。その時に留意してほしいことがひとつだけあります。椀がでてきたらずずっと食べたくなりますよね。わかります。しかしそれではこのスープを本当に味わうことはできません。

まずは、スープだけを空気を含ませながら啜ってほしいのです。そう、ワインをテイスティングするような気持ちで。すると豚や野菜の甘みが後口に広がっていくのがわかると思います。甘みは旨味です。

 

スープの余韻を楽しんでいただいた後は、もう自由に食べすすめちゃってください。麺も旨いんですよね。細いもやしと小さく刻まれたネギのバランスも最高ですし、2種類のチャーシュウもいいです。

もし、可能なら・・ですが、脂身の多いほうのチャーシュウを1枚残してほしいんです。それはなぜかと言うと・・・

そうです。おにぎりと海苔が私たちの手元には残っているんです。

この海苔は本物ですよ。有明海の海苔は最高です。ラーメンを食べる前半部分で投入すると磯の香りが強くなり過ぎちゃうので、後半に入れるのがおすすめです。僕はおにぎりに巻いて食べるようにしています。

テーブルににんにく醤油が用意されているので、おにぎりに少しかけて食べるのがいいですね。

さらに僕の場合は・・・

こうですね。レンゲの上で、海苔+おにぎり+脂身チャーシュウ+スープのフロマージュです。これぞ僕らの小宇宙戦争(リトルスターウォーズ)ですよ。小宇宙(コスモ)も燃えますね。

海苔無しでも、めちゃ旨です。初めての人は、むしろ海苔無しのほうが食べやすいかもしれません。ええ。

ちなみに豆知識ですが、小銭を丁度で支払うと「助かりま~す」と店長さんから大きな声をかけていただけます。これ、意外に嬉しいんですよね。常連の皆さんはきっと入店前に小銭を数えているはずです。

といったところで、黒門さんの紹介は以上になります。最近は座席を減らしてソーシャルディスタンシングもばっちりです。ぜひ行かれてください。

また、北九州フードフェスティバル実行委員会は皆様のこのような偏った、個人的意見満載のコラムをお待ちしています。

北九州は美味しいですからね。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA