中学時代からのプチごほうび。

“ココ”の地域のみなさんに、”メルシー”フランス語でありがとう。

メディアドーム前にあるメロンパン屋さん、ココ・メルシー。
緑の屋根が目印です!

お店につくと焼き立てのメロンパンの香りに包まれます。そして、”は〜い。いらっしゃい”といつも店主が笑顔でお出迎えしてくださいます☺︎

ココ•メルシーさんと私の出逢いは、私が中学生の時。テスト期間中に母が買ってきてくれたことがきっかけです。初めて食べた時は、メロンパンの大きさと外のクッキー生地のザクザク感にびっくりしました。

それから、私にとって、中学、高校時代のテスト期間中のプチごほうび、勝負飯?です。

テスト期間中はお昼ごはん前に下校だったため、母に今日のお昼何がいい?
と聞かれた時は、即答で、ココ•メルシーのメロンパンと答えていたくらいです笑

それくらい、ココ•メルシーのメロンパンを楽しみにテストを乗り切っていました。

そして、メロンパンだけでなく、特に大好きなのが、三色サラダパン。
バンズがほんとにほんとに美味しいんです!!ふわっと口の中にほんわり甘味が広がるんです。

私は高校2年生まではただ単にココ•メルシーさんの大ファンでした。
高校3年生では、ご縁あって、高校の文化祭でコラボ出店させていただきました。私の相棒と一緒に企画をつめ、文化祭当日は3時間ほどでメロンパン300個を完売した記録があります。大成功に終わったのは本当に店主、大島さんのおかげです。

“常に相手の気持ちにたって考えること”

これは、心に根強く残っている店主、大島さんの言葉です。ココ・メルシーのメロンパンは足立の湧き水などお水から材料にこだわり、発酵時間にこだわり、遠赤外線で焼かれています。パンの生地をこね、発酵し、焼き上がり、みなさんにお届けするまで、常にメロンパンの気持ちになって作っている。だから、こんなに大きなおいしいメロンパンができるんだよとおっしゃっていました。また、電話予約もできることで、焼き立てのメロンパンをお客様にお届けしています。
焼き立てのサクサクメロンパンいただけることはとっても嬉しいですよね!

また、ココ•メルシーさんは、小学生に向けてパン教室を行ったり、高校とのコラボ出店であったりと地域のみなさんへの感謝の気持ちをもとに地域での活動も行われています。

私は大学生になってから行いたいことの1つとして、北九州で北九州の魅力的なお店が集まった、食のイベントを行うことがありました。高校までは学校という枠の中での活動が多かったですがもっと北九州で地域に貢献、にぎわいを創りたいという気持ちがありました。この想いを実現していく中で、地元に愛されるココ•メルシーさんのメロンパンをもっと多くのヒトに私から広めたい。また、日頃から沢山の感謝をしている身近なヒトにも食べてほしい。そうすることで、今までのココ•メルシーさんへの感謝の気持ちをカタチにし、少しでも地域貢献、北九州の賑わいにも繋げることができると考えていました。

その想いを今回、実現させていただけることになりました。
私の所属する学生団体とのコラボで、
MEET NEW ココ•メルシーを出店させていただきます。

学生団体MEET NEW…は新しい何かの出逢いにより、可能性を広げていくという意味を込めて当時の相方と名付けました。様々な大学から集まった大学生により構成されています。今回はココ•メルシーさんのメロンパンとの出逢いにより、日頃のありがとうを届けたいという気持ちのもと2日間、感謝のメロンパンを販売します!
また、こんなご時世だからこそ私たちから、一口食べると、思わず笑顔になってしまうメロンパンをお届けします!

コンセプトは魔女の宅急便。
当日はキキとトンボがみなさんのお越しをお待ちしております!
写真もぜひぜひ撮ってくださいね!

多くの方に感謝のメロンパンが届き、笑顔があふれますように!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA